移住相談会・体験ツアー

ONLINE EVENTS & SAITO TOURS

\随時受け付け中/
個別体験ツアー モデルコース②
1泊2日 起業相談コース

開催:いつでも

ツアー参加者:福岡県在住・Mさん

起業サポートにある西都市創業等支援事業補助金に興味を持たれ、西都市を訪問先として選んでくださいました。
オンラインや電話でやり取りしながら行程を決め、1泊2日で、創業等支援事業補助金を活用してオープンしたお店や空き家・空き店舗などを見学するツアーに参加されました。


1日目


13時30分~
西都市役所集合。

13時40分~
まずは、小商いの先輩である「ココニパン」の図師さんに会いに行きました。
図師さんは、4ヶ月前に地元の穂北地区でパン屋をはじめられました。
常時30種類のパンを作られていて、メロンパンやクロワッサンが人気だそうです。地元の方を中心に市外からも多くの方が買いに来られます。

図師さんは福岡県で働かれていましたが、お父様が体調を崩されたことを機にUターン。お父様が営まれていた新聞販売店を承継されましたが、自分で何かはじめたいとずっと思われていて、パンがお好きだったこともあり、念願のパン屋をオープンされました。
西都商工会議所が開催した空き店舗ツアーに参加された際に、2021年4月から始まった西都市創業等支援事業補助金のことをお知りになり、この補助金を活用。「いつか穂北地区の商店会を復活させたい」との思いもあり、地元でお店を開くことを決心されたそうです。
素朴なパンを作ろうと思われていたそうですが、若いお客さんが多く、おしゃれなパンを作らなければ・・・と奮闘中。「おいしいと言われるのが一番うれしい」と笑顔で話されていました。

焼きたてのメロンパンはとっても優しい味でした。

14時15分~
中心市街地をご案内。この日は、あいそめ広場を中心にイベントが開催され、家族連れなどで賑わっていました。

あいそめ広場の近くにある、1ヶ月前にオープンした「アポロンカレー」へ。多くのお客さんがいらっしゃったので、店の外からの見学となりました。

「アポロンカレー」の河崎さんは、創業や事業承継に関するあらゆる相談に応じる「まちづくり西都KOKOKARA」への相談をきっかけに西都市創業等支援事業補助金のことをお知りになり、この補助金を活用してお店をはじめられました。西都商工会議所が開催する「実践創業塾」にも参加され、その時一緒に学んだ仲間の存在は大変心強く、今も情報交換などを続けていらっしゃるそうです。
カレーはもちろん、カレーパンも人気で、予約だけで売り切れてしまうこともあるとか。「オープン以来、多くのお客さんにお越しいただき、充実した毎日を送っています」と笑顔で話されていました。

15時~
空き家等情報バンクに登録されている空き家にご案内しました。
家庭菜園ができるほど土地が広く、Mさんは「採れたての野菜を使ってバーベキューもできますね」と目を輝かせていらっしゃいました。

16時~
2019年度グッドデザイン賞を受賞した記紀の道へ。
都萬神社から西都原古墳群にある男狭穂塚・女狭穂塚まで約4キロメートル、古事記・日本書紀にまつわる伝承地をつなぐ道となっています。169段ある石貫階段を登ると、夕焼けに照らされた西都原台地の風景がとても美しかったです。

17時20分
本日宿泊されるホテルまでご案内し、解散となりました。


2日目


9時30分
西都市役所駐車場に集合。

9時35分~
事前にMさんのご希望を伺い、市内の不動産会社に相談して、条件に合う空き店舗にご案内しました。
Mさんは「実際に店舗を見ることで、より具体的にイメージできるようになりました」とおっしゃっていました。

10時~
JA西都直営の直売所「いっちゃが広場」へ。
店内には、西都産の野菜やお肉、加工品が数多く並んでいます。その日の朝に収穫された野菜は新鮮そのもので、市価より安く購入することができます。お客さんも次々と訪れていました。
Mさんは、野菜の新鮮さと安さに驚かれていました。

11時~
昼食はMさんのご希望により有名なうなぎ屋さんへ。
11時の開店にもかかわらず、既に1時間待ちの状態です。
待ち時間の間に、スイーツのお店にもご案内しました。収穫がはじまったばかりの人気の苺を使ったタルトと一番人気のシュークリームを購入。
Mさんは、西都の美味しい食べ物を満喫されたご様子でした。

12時30分~
西都原古墳群内にある宮崎県立西都原考古博物館へ。
館内には、考古学の思考に基づき、ストーリーに沿った謎解きを展開する「考古博物館」エリアと、提示された多くの情報を検証する「考古学研究所」エリアがあります。展示されている土器は触ることもでき、Mさんも興味津々で見学されていました。
Mさんは「これだけの素晴らしい施設なのに無料で見学できるなんて驚きです」と話されていました。

13時30分~
西都原古墳群を散策。
西都原では春に向けての準備がはじまっています。ちょうど1週間前に、ボランティアによる菜の花の苗の植え付けが行われました。3月下旬ごろには、桜と菜の花が咲き揃います。ぜひご覧になっていただきたい西都市の美しい風景の一つです。

15時~
小商いをはじめたいMさん。まだ企画段階なので、今後どのように進めていけばいいのか相談されたいということで、「まちづくり西都KOKOKARA」にご案内しました。
西都商工会議所の担当の方が、創業までの流れや補助金を含めた資金調達の手続きなどについて説明してくださいました。
Mさんは「大変参考になりました。このように相談できる方がいてくださると心強いです」と話されていました。

16時~
空き家・空き店舗の物件情報をもう少しお知りになりたいということでしたので、市内の不動産屋に案内しました。
担当の方によると、空き家等情報バンク登録物件であると受けられる補助制度などが増えたことで、空き家の需要も多くなっているそうです。多くの物件情報を収集することができました。

16時30分
市役所に戻り、Mさんに今回の現地体験ツアーについて感想を伺いました。
「事前に希望を伝えて行程を組んでもらったことで、効率的に見学などをすることができ、とても有意義に過ごせました。サポートも充実していて、小商いをはじめるにはとてもいい場所ですね。まだまだ企画段階ですが、今回得た情報を基に、少しずつ準備を進めていきたいと思います」とおっしゃっていました。

はじめる相談窓口に相談する